粗雑ほど機微は育つ

   ” 総ての者の泉にて ”    La fuente de toda creación




      美しさの人生様式      ” Perla Maniera  ペルラ・マニエラ ”




大雑把というものは総合的且つ俯瞰的に捉えるので逆に難しく

難しいどころか取っ掛かりとして最も重要で必要なものである

物事は移り変わりどのような変化にも変化する瞬間の時があり

表面には現れない表面上は分かり難い微細微妙なしるしがある

それは自らの捉えどころとして物事に対し着目する点であって

物事を理解や納得するための取っ掛かりや手掛かり摑みどころ

そのような物事の仕組みや揺れ動きに対しその状況や事情をも

取り違えることのない認識高い知識多い洞察力を培うためには

細かい部分への注意を敢えて省いて大きな部分だけを取り扱い

内容を事細かに深く吟味せずに大体のところを捉える力が必要

それは注意が行き届いていないのではなくてまた雑とは異なり

自らが敢えて細部を省略しながら内容を事細かに深く吟味せず

変化しつつある現象界に囚われることなく大体のところを捉え

表面的な部分を含めて見えていない部分まで見抜いていくこと





最大の充実感と喜びを得る秘訣は 最も危険な  ” 自分を狩るための 自分を遊ぶための ”こと





Awareness & Consciousness from Life Coaching 


G:生きるためのコーチング ~ コンセプト ~

➡︎ ” 総ての者は心を生む ” 

https://19482akicq3i.blog.fc2.com/blog-entry-704.html





木にとって最も大切なものは何か それは実だと誰もが考えるだろう だが現実には種なのだ 

 



 
 

スポンサーサイト



コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント