自分に信号せよ

自分がこの世で見たいと願う変化に自分自身が”生る”




新・人生文化「 美しさの人生様式( ペルラ・マニエラ )”perla maniera” 」の新時代!!



備忘録 : 生きるためのモダンテクニック  サブサンプション


・・・ ”明らか”ということは”信号”であり、明るく照らし示していることである。

示されられるものは”認識と出発”として”投げ掛け”であり、

包摂のリアリティに生きられた経験としての”見えないズレ”を可視化する方法であるだろう。

それがどのようなコミニュケーション形態のもとで包摂として経験されうるか、

あるいは可視化されうるか、それらを明らかにして見ていくべきであるのかもしれない。

意味的包摂として、明らかな行為やその範疇を伴わずに行われているので”見えにくい”、

その意味の鬩ぎ合いとして示すことなく、あくまで示されるものは”信号”なのであり、

”直進”せずとも”迂回”して、”見たいもの”をより明るく照らしたいわけなのである。・・・


だがしかし、包摂によってもたらせる決定的な正の効果というものが、

主体的であるそれの個々に理性的な判断をすることを前提に、適切な特徴を適切に扱い、

誤謬やカテゴリーミステイク(範疇の錯誤)に陥らず、むしろ常に別の可能性がないか考え、

公平で合理的な判断が求められる刻印として存在するのだとすれば、

如何にして日常性のコミニュケーションの中での包摂のそれを条件付けるのか、

あるいは逆に多様性のコミニュケーションからの包摂が、

如何に多様性と包摂性の構造的につながっていくのか、解明的なことは依然課題に残される。

さらに、コミニュケーション”連関”の考察と具体的な経験との往還が課題検討には欠かせない。


包摂 ”subsumption” サブサンプション、コミニュケーション的範疇としての枠組みともなり、

気持や気分とは離れた”生きるための直接必要性”における準拠枠ともなる、

その本来の諸関係にとって外生的な考え方を取り込む過程であるこの意味的包摂

世界人生は、捨象して抽象化することが可能な人間相互の関係にあり、

他方で現実には個の人生世界の差異の総体である世界人生とのつながりにおいて、

人生の合目的的な生き方として様々の外生的な考え方を取り込まない限り、

考えられるうちで、生る(なる)生り(なり)にもっとも極まる最高の状態として、

そもそも世界人生は人生世界の人間的マッスが強調された総体として存続し得ないのである。


・・・ そこで問いを煮詰めるならば、有意義な性質のみを取り込み包摂して活用しようとする

世界人生に個の人生世界の差異の総体として存在している以上、”見えないズレ”あるいは

”見えにくい” その要素も同時に包摂せざるを得ないことを意味し、このように情報が不足して

いるとき、人が物事を予測することを助けるのは、先の”脳の余裕”と”心の余地”なのである。

”明らか”に人の内部では数多くの仮説と諸カテゴリーのシステムともいうべき枠組みが用いられ、

”見るべきもの”に吟味と収拾の過程が発生しており、これらの”信号”が充分に強くなれば、

包摂のリアリティに生きられた経験として可視化し、”見たいもの”をより明るく照らそうと、

”直進する行動を抑制して迂回する”ショートカットを行おうとする”デキる人”。・・・



死ぬ時が来るならば、その時は自分の”最高潮”に人生最大の感動を覚えることができればいい。

 


 

   
スポンサーサイト



コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント